SBIホールディングス【8473】の配当金を受け取る、2019年3月期は増配で1株あたり80円


2019年6月、SBIホールディングス【8473】の配当金を受け取りました。

もう何回受け取っただろう。。
取得株価から大きく下落しかれこれ10年以上保有しています。

しかも50株しか持っていないので配当金も毎回微々たるものですが、今回は久しぶりに封筒を開けてみて「おっ(ちょっとだけね)」と思ったので記事にしてみました。

スポンサーリンク

SBIホールディングスはどんな会社?

まずSBIホールディングスがどんな会社なのか?

株を持っている私も恥ずかしながら未だに報告書を読んでもよくわかりませんw

東洋経済会社四季報にはこのような紹介があります。

【特色】国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、保険、銀行など総合金融業を志向。バイオ領域に注力

ざっくり言うと金融業でしょうか。最近は健康食品にも力を入れています

株主優待は健康補助食品(サプリメント)や化粧品50%割引購入申込券です。

代表取締役社長は北尾吉孝さん、ここ数年は仮想通貨・ブロックチェーン業界でも発言が注目されていますね。

以前はBCH(ビットコインキャッシュ)を推していたと思うんですが、最近はもっぱらXRP(リップル)です。

SBIホールディングスの株を買ったきっかけ

私にとってSBIホールディングスが初めて購入した株です。

ではなぜSBIを選んだのかというと、当時イー・トレード証券(現SBI証券)が手数料が安いと評判で私も証券口座を開設しました。

こんな話題になっている証券会社の株を持っていればきっと上がるだろうという安直な考えで、イー・トレード証券の親会社であったSBIホールディングスを購入したのです。

購入後大暴落、一時は30万円以上の損失

  • 取得価格:4,934円
  • 現在の価格:2,411円(2019/11/13現在)

当時チャートの見方などもわかっていなかったので勢いで買った記憶があります。

それがいけなかった。。


これがSBIホールディングスのチャートですが、赤丸の部分で購入し、その後暴落。

一時取得株価の4分の1にまで下がり、損失が30万を超えた時期も。

それでも持ち続けたことで現在は1株2500円ぐらいまで回復。

評価損益は約12.5万ほどとなっています。

まあホントいい勉強になりました。
高値掴みをしてはいけないということが身に染みてわかったので。

SBIホールディングスの過去10年間の配当金と今回の受取金額

過去10年間の配当金です。

※年間の配当金です。

  • 2019年 100円(今回)
  • 2018年 85円
  • 2017年 50円
  • 2016年 45円
  • 2015年 35円
  • 2014年 20円
  • 2013年 10円
  • 2012年 100円
  • 2011年 120円
  • 2010年 100円

引用:SBIホールディングス(配当金について)

2013年以降は3桁を割り、今回ようやく15円増配で100円に回復。

もし今の価格2411円で購入した場合、配当利回りも約4.15%なので比較的高配当ですね。

今回の配当受取金額は3,188円、内訳は以下の通りです。

  • 所有株数:50株
  • 1株あたり期末配当金:80円
  • 配当金額:4,000円
  • 所得税率(15.315%):612円
  • 住民税率(5%):200円

今後はどうするか?売却するのか?

私が保有している株数は「50」

50株は単元未満株(1株~99株)なので100株にしないと証券市場で売買することはできません。

ということで今考えているのは1500円を再び割るようなことがあればもう50株を購入しようかと。

そして評価損益がプラスになったところで売却。

それがベストなシナリオですが一体いつになるのでしょう。
最近は9月に島根銀行、11月に福島銀行との資本提携を発表しました。

地方銀行と手を組むことでお互いにいい影響が出ることを期待しています。

仮想通貨(とくにリップル)が上がればSBIの株も上がるかな笑

50株追加購入した時はまたこのブログで記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました