SBIホールディングスの配当金(50株/3188円)をもらう、配当利回りは株価が下落すれば5%超えと高配当


2020年6月、SBIホールディングス【8473】の期末配当金を受け取りました。

取得株価から大きく下落し含み損をずっと抱えていますが、10年以上保有しています。

今回の期末配当金は3188円でした。

スポンサーリンク

SBIホールディングスはどんな会社?

東洋経済会社四季報にはこのような紹介があります。

【特色】国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、保険、銀行など総合金融業を志向。バイオ領域に注力

SBI証券、住信SBIネット銀行、Tポイント投資で話題のSBIネオモバイル証券などがグループ企業です。

SBIホールディングスの株を買ったきっかけ

私にとってSBIホールディングスが初めて購入した株です。

ではなぜSBIを選んだのかというと、当時イー・トレード証券(現SBI証券)が手数料が安いと評判で私も証券口座を開設しました。

こんな話題になっている証券会社のグループ株を持っていればきっと上がるだろうという安直な考えで、イー・トレード証券の親会社であったSBIホールディングスを購入したのです。

購入後大暴落、一時は30万円以上の損失

  • 取得価格:4,934円
  • 現在の価格:2,157円(2020/6/12現在)


これがSBIホールディングスのチャートですが、赤丸の部分で購入し、その後暴落。

一時取得株価の4分の1にまで下がり、損失が30万を超えた時期も。


2019~2020年の株価チャート

現在の評価損益は約13.9万ほどとなっています。

高値掴みをしてはいけないということが身をもって実感し、この気持ちを忘れてはならぬという想いから、購入後ずっと売らずに保有し続けています。

SBIホールディングスの過去10年間の配当金と今回の受取金額

過去10年間の配当金です。

※年間の配当金です。

  • 2020年 100円
  • 2019年 100円
  • 2018年 85円
  • 2017年 50円
  • 2016年 45円
  • 2015年 35円
  • 2014年 20円
  • 2013年 10円
  • 2012年 100円
  • 2011年 120円
  • 2010年 100円

引用:SBIホールディングス(配当金について)

2013年以降は3桁を割りこむこともありましたが、昨年からは再び3桁回復。

もし今の価格2157円で購入した場合、配当利回りも4.63%なので高配当ですね。
コロナショックの時は年初来安値で1275円をつけ、この時の利回りは7.84%でした。

今回の配当受取金額は3,188円、内訳は以下の通りです。

  • 所有株数:50株
  • 1株あたり期末配当金:80円
  • 配当金額:4,000円
  • 所得税率(15.315%):612円
  • 住民税率(5%):200円

単元未満株の場合は割引券がもらえる


単元未満株式(1~99株)を保有していると、SBIアラプロモ株式会社が販売する健康補助食品(サプリメント)や化粧品などを、通常価格から50%割引の優待価格で購入できる割引購入申込券が1枚もらえます。

今後はどうするか?売却するのか?

私が保有している株数は「50」

50株は単元未満株(1株~99株)なので100株にしないと証券市場で売買することはできません。

ということで1500円を再び割るようなことがあればもう50株を購入し、評価損益がプラスになったら売却とずっと考えていましたが、実際コロナショックの時は他に保有している銘柄も暴落して含み損が拡大し怖くて買い増しできませんでした。

ここ数年は配当もいいのでしばらく保有を続けようかと気持ちが変わってきました。

また買い増しや売却など動きがあればブログや動画でもお知らせしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました