配当収入の記録(2020年8月)

2020年6月より、配当収入の記録をグラフ化することにしました。
3ヶ月目、2020年8月分の記録です。

スポンサーリンク

三菱サラリーマンさんを参考に月別配当金をグラフ化

2019年に30歳でセミリタイア(FIRE)を達成された三菱サラリーマンさん(@FREETONSHA)はブログでこのように述べています。

KPI(評価指標)は可視化できる数値で測り、その足取りを定期的に振り返る形とすると、長期間モチベーションが保たれやすく、おすすめです。

ということで私も6月からグラフ化することにしました。

先月の記事はこちら
参考記事:配当収入の記録(2020年7月)

2020年8月に受け取った配当金の銘柄と受取金額

  • キャノン(日) ¥192
  • AT&T/T(米) ¥981
  • ベライゾンコミュニケーションズ/VZ(米) ¥234
  • ピープルズユナイテッドファイナンシャル/PBCT(米) ¥410
  • ブリティッシュアメリカンタバコADR/BTI(米) ¥576

8月銘柄は、日米の2か国から計5銘柄、受取配当金(税引後)は、2393円でした。

キャノンの中間配当が1株40円と半分に減配となってしまいました。
期末配当(12月)も「未定」ということでちょっと心配です。

月別グラフでみた配当金推移(2019年~2020年)

過去2年間の配当金推移と比較した月別グラフは下記の通りです。(数値は全て税引後)

2019年8月の配当は 0円 でした。
2020年8月の配当は 2393円 でした。

前年比、2393倍です(笑)

前年がゼロですからね。。

8月の売買実績

8月は、SPDR20株とグラクソスミスクライン(GSK)を25株購入。
国内株はネオモバでJTや三菱商事など日々コツコツと購入しました。

キャノンと同じく減配を発表したコマツは一旦すべて売却。
さらに河西工業は2021年3月期の配当予想を無配とし、人気の株主優待クオカードも2020年3月末をもって廃止に。
含み損も出ているためすぐに売却することもできず、今後どうするか悩んでいます。

月10万の配当金が目標

当面の将来の目標は1ヶ月10万、年間120万円(税引後)の配当をもらうことです。

年間トータルで120万に到達すればそれでもよいですが、できれば毎月一定額がもらえるようなポートフォリオを組んでいきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました