【せどり】アマゾン初心者はヘルスケア用品を仕入れてはいけない、失敗談です

2021年1月より株式投資の運用資金を貯めるためにせどりを始めました。

始めたとはいえ、現時点(2月中旬)で収益はゼロ。

そんなに甘くないなあと痛感しています。

店舗せどり(アマゾンでの販売)をメインにするつもりです。

現状は、出店アカウントを作り、商品を仕入れ、登録を行って間もなく発送という段階です。

今回は「初めて仕入れたものがアマゾンで売ることができなかった」という失敗談を備忘録として書きます。

数年後に読み返してみて「初めはこんな失敗もあったなぁ」と笑えるようになってるといいなあ(笑)

スポンサーリンク

失敗談:仕入れた商品が出品できなかった

せどりを勉強するにあたり私はツイッターを活用しています。

どんな商品が売れるのかなど旬な情報をチェックしています。

その中で主婦の方がスーパーやドラッグストアを使って店舗せどりをしているという投稿を発見し、「これなら自分にもできるかも」と妙な自信が湧いて来たのです。

そして大して調べもせずにドラッグストアのワゴンセールでヘルスケア商品を購入。

アマゾンの出店アカウントを作成し、さあこれで商品が出品できるぞと思ったのですがこれが甘かった。。。

商品登録をしようとしたら出品できないのです。

出品するには申請が必要ですというアマゾンの許可をもらう画面に進み、内容をよくみるとそこには「メーカーもしくは卸からの請求書」が必要と書かれていました。

私が持っているのはドラッグストアからもらった領収証のみ。

これでは出品できないのです。

ガーン。。

ネットやYouTubeで調べてみると、作り立てほやほやの出店アカウントには出品規制がかかっていて何でもかんでも出品できるわけでないことが判明。

とくに今これを書いている2021年は食品やヘルスケアのカテゴリーは出品許可をもらうのは厳しいようです。

結局メルカリで売って赤字に

出品許可をもらわないことには仕入れた商品が売れないということがわかったので、この商品についてはアマゾンに出品するのを諦めました。

その後メルカリにて出品。

値引き交渉にも応じ売れましたが、以下の通り赤字となりました。

販売価格  1250円

仕入れ価格 1089円
手数料    125円
梱包代    70円
配送料    380円

結果    -384円

たくさん仕入れなくてよかった。
そしていい勉強になりました。

出品許可をもらうまではヘルスケアには手を出しません。
これからせどりを始める方、初めに仕入れるものは食品・ヘルスケア以外のものにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました